診療マル秘裏話  号外Vol.1764 令和2年3月31日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)AYA世代のがんは、種類が多様で治療に難渋
2)新型コロナウイルスは2種類のタイプに分かれ感染力違う















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 AYA世代のがんは、種類が多様で治療に難渋











 思春期・若年成人を指す「A
YA世代」のがんは、種類が多
様で、治療に難渋するケースが
多いとされています。また、進
学や就職、結婚など重要な節目
と治療時期が重なるため、患者
さんが抱える悩みや不安に対す
るケアも大切となります。国立
成育医療研究センター(東京都
世田谷区)小児がんセンターの
松本公一センター長に聞きま
した。がん治療の現場で用いら
れるAYA世代の定義は15~39
歳です。国内におけるAYA世
代のがん(上皮内がんを除く)
の年間罹患(りかん)数は、約
2万2500例(2016年)と報告さ
れています。年代別に見ると、
15~19歳が約970例、20歳代
が約4500例、30歳代が約1万70
00例です。

 最も多いがんは、10代が白血
病、20代は胚細胞性腫瘍や甲状
腺腫瘍、30代は女性の乳がんや
子宮がんと、年代によって違い
があります。骨・軟部腫瘍や悪
性リンパ腫といった希少がん(
人口10万人当り6人未満のがん)
を含め、がんの種類は多岐にわ
たります。

 松本センター長は「小児から
成人への移行期に当たるため、
小児に好発するがんと成人に好
発するがんのいずれもが発症す
る可能性があります。また、希
少疾患が多く、症例の集積が困
難で、有効性の高い標準治療の
開発が遅れるなど、治療法が確
立されていないことも多い」と
話しています。診療科がばらば
らで、患者数も少ないため、診
療経験が豊富な医師が少ないと
いう課題も指摘されています。
患者さんはさまざまな問題を抱
えており、治療のために進学や
就職が困難になったり、抗がん
剤や放射線治療による性腺機能
不全の心配、容姿の問題などか
ら、恋愛や結婚に消極的になっ
たりする人もいるということで
す。

 生殖機能の問題について、松
本センター長は「最近のがん治
療の現場では、生殖機能の温存
が重要な課題で、治療前に精子
や卵子・卵巣を凍結保存する選
択肢もあります。がんの治療後
も患者が自信を持って生きられ
るように、精神的なサポートも
欠かせません」と指摘していま
す。

 医療者側にも、それぞれの患
者さんがニーズに応じた医療が
受けられるよう、院内の連携に
加えて、がん経験者のサポート
団体や就労支援団体などとの連
携が求められるということです。
松本センター長は「日本は、治
療や患者支援の面で欧米に比べ
て大きく遅れており、患者はつ
らい立場に置かれています。社
会の理解が広がってほしい」と
訴えています。

AYA世代のがんの体験者の体験

談の動画です。

 

 

 

 



 相互理解がなく、離開する。















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 新型コロナウイルスは2種類のタイプに分かれ感染力違う











 新型コロナウイルスは2種類
のタイプに分かれ、感染力が違
う可能性があると、北京大など
の研究チームが3月6日までに中
国の英文科学誌ナショナル・サ
イエンス・レビューに発表しま
した。
 中国の内外で解読された10
3例のウイルスのリボ核酸(R
NA)を解析し、遺伝子を構成
する塩基配列の違いから、7割
を占めるL型と3割のS型に分
類しました。L型はS型から変
化して出現し、感染力が強い可
能性があります。武漢市ではL
型が大半を占めたということで
す。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 



 ウイルスの核酸の情報を拡散
する。          笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














編集後記


 思春期・若年成人を指す「A
YA世代」のがんは、種類が多
様で、治療に難渋するケースが
多いとされているのは、残念な
ことです。40歳以上の中高年の
がんは、ある程度、設備が整っ
ており、受け入れ可能なのに、
AYA世代では,受け入れが難しい
という現実もあります。また進
学や就職、結婚など重要な節目
と治療時期が重なるため、患者
さんが抱える悩みや不安に対す
るケアも大切となり、そのケア
ーが受け入れ側の病院のネック
となることがあるようです。し
かしAYA世代と言えども,同じ人
間ですから、そうしたケアーを
重点的にできる医療機関を備え
ることが必要になります。
 新型コロナウイルスは2種類
のタイプに分かれ、感染力が違
う可能性があると、北京大など
の研究チームが3月6日までに中
国の英文科学誌ナショナル・サ
イエンス・レビューに発表した
のは、驚くべき業績です。ウイ
ルスが変異を起こして狂暴にな
るという例ではないかと思いま
す。ヘビなどの中間宿主を経由
することで、変異が起こる確率
も上がるのではないかと推測し
ています。いずれにしてもL型
とS型が判別可能な検査キット
ができることを期待したいと思
います。

 班別対抗の競技で、敵味方を
判別する。        笑












************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。