診療マル秘裏話  号外Vol.1828 令和2年6月14日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)血栓が新型ウイルスによる死者数に大いに影響
2)微量の涙で、乳がんを早期発見する技術を開発















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 血栓が新型ウイルスによる死者数に大いに影響












 専門家らによると、血栓が新
型ウイルスによる死者数に影響
している可能性があるというこ
とです。血栓がつくられるのは、
新型ウイルスに対する自然な反
応として、肺が炎症を起こすた
めです。世界各地の患者さん達
が、新型ウイルスによる数々の
合併症の影響を受けています。
中には命取りとなる場合もあり
ます。医師たちは3月、世界で
新型ウイルス感染が広がる中、
入院患者さんの間で通常より高
い比率で血栓が見られることに
気づきました。新型ウイルスの
流行は、脚部にみられることが
多い深部静脈血栓症の増加をも
たらしました。できた血栓の一
部が肺に入ると、血管が詰まり、
生命が脅かされることもありま
す。芸術家ブライアン・マクル
アーさんは先月、コロナウイル
スによる肺炎の症状が出て、病
院に緊急搬送されました。到着
後すぐにスキャン検査を受ける
と、より深刻な生命上の問題が
浮かび上がりました。「肺の検
査を受けると、肺に血栓が見つ
かりました。かなり危ないと言
われました。」と彼は言いまし
た。「本当に心配になり始めた
のはその時でした。改善しなけ
れば深刻な問題になると悟りま
した。」彼は現在、自宅で療養
しています。「ここ数週間で大
量のデータがどっと出て、血栓
が重大な問題だということがは
っきりしたと思う。」と、ロン
ドンのキングス・コレッジ病院
で血栓症と止血について教える
ルーペン・アリア教授は言って
います。「特に深刻な影響を受
けて救命救急病棟にいるCOVID
患者さんについては、最近の研
究で半数近くに、肺塞栓か肺の
血栓が見つかっています。」ア
リア氏は、血栓ができて重症と
なったコロナウイルス患者さん
の人数は、欧州で公表されてい
る数値より最大30%多いと考え
ています。アリア氏の血液研究
チームは、患者さんから採取し
た検体を分析してきました。そ
れらの検体は、コロナウイルス
がどのようにして血液をどろど
ろにするかを示しています。ど
ろどろの血液は血栓を生みます。
この血液の変化は、新型ウイル
スに対する自然な人体反応であ
る、肺の炎症が生み出していま
す。「重症患者さんでは血液中
に化学物質が大量に出ているこ
とが確認できます。そしてこれ
が、血栓を増やす連鎖反応を生
みます。」とアリア氏は言って
います。
これらが、ついには、患者さん
の体調を衰えさせます。血栓症
が専門のビヴァリー・ハント教
授によると、どろどろの血液は
血栓を超えた影響があります。
脳卒中や心臓発作の確率を高め
るということです。「それにど
ろどろの血液は高い死亡率にも
つながる」とハント氏は言って
います。これらの医療的な難問
に加え、血栓の治療に現在使わ
れている抗凝血剤は必ずしも有
効ではないことを示す研究結果
があります。とはいえ、使用量
を大幅に増やせば、命取りとな
りかねない大出血の危険性を高
めます。血栓症治療と出血リス
クのバランスは「危ういもので
す。」とアリア氏は言っていま
す。ただ現在、世界中の医療チ
ームが協力し、新型ウイルスに
よる血栓の問題に取り組む上で
最も安全かつ効果的な方法を見
つけることへの要求が高まって
います。抗凝血剤を各国で使え
るようにしようと、標準的な用
量を探る試験が進められていま
す。しかし、別の解決法がある
と考える専門家もいます。問題
の根本であるどろどろの血液を
つくる、肺の急性炎症を沈静さ
せる方法を見つけるというもの
です。

血栓症への注意を促すニュース

動画です。

 

 

 

 

 



 強力な協力者を得る。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 微量の涙で、乳がんを早期発見する技術を開発












 神戸大は5月22日、微量の涙
で乳がんを早期発見する技術を
開発したと発表しました。細胞
が分泌する物質を高感度に検出
する仕組みにより、がん患者さ
んと健常者を識別することに成
功しました。痛みを伴わない検
査のため受診者の負担が軽く、
実用化されれば乳がん検診の受
診率向上が期待できるというこ
とです。来年度中の実用化を目
指します。
 がん検出に加え、患者さんの
治療状況も確認でき、薬物療法
の効果や再発チェックにも応用
できることから、同大は「涙液
を用いたがん検出と予後のケア
が実現可能となることが世界で
初めて示された」としています。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 

 

 

 武漢熱の治療状況を見ながら
上京する。        笑













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
















編集後記



 専門家らによると、血栓が新
型ウイルスによる死者数に影響
している可能性があるというこ
とです。血栓がつくられるのは、
新型ウイルスに対する自然な反
応として、肺が炎症を起こすた
めということですが、肺と消化
管の両方が炎症を起こすことで
炎症を消し止められず副腎疲労
を起こすことは、考えられない
でしょうか?西洋風の食事をし
ていると普段から消化管に炎症
を生じています。その上に肺で
ウイルスによる激しい炎症が起
きれば、副腎が炎症を消し止め
られず、疲れてしまうのは十分
に考えられることだと思います。
 神戸大が5月22日、微量の涙
で乳がんを早期発見する技術を
開発したと発表し、細胞が分泌
する物質を高感度に検出する仕
組みにより、がん患者さんと健
常者を識別することに成功した
とのことですが、これこそ究極
のリキッドバイオプシーと言え
ましょう。血液で乳がんを検出
することは、これまでも聞いた
ことがありましたが、涙で検出
というのは聞いたことがありま
せん。血液は採血して採取する
ことができますが、涙を採取す
るのは、一工夫いると思われま
すが、いかがでしょうか?涙の
中の物質についての情報を知り
たいと思います。検索で調べて
見ましたが詳細は不明でした。

 商才についての詳細情報を得
る。           笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。