診療マル秘裏話  号外Vol.1831 令和2年6月18日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)光免疫療法で使う薬剤の光化学的反応過程解明
2)高血圧パラドックスは治療進歩に反し治療普及せず















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 光免疫療法で使う薬剤の光化学的反応過程解明











 北海道大学は5月26日、近赤
外線を用いた新規がん治療法で
ある光免疫療法で利用されるIR
700 という薬剤の光化学的反応
過程を解明したと発表しました。
この研究は、同大大学院理学研
究院および同大学創成研究機構
化学反応創成研究拠点の小林正
人講師、武次徹也教授らの研究
グループが、同薬学研究院の高
倉栄男講師、小川美香子教授ら
と共同で行ったものです。研究
成果は、「ChemPlusChem」のオ
ンライン版に掲載されています。
光免疫療法は、がん細胞以外に
対してほとんど毒性を示さず副
作用の極めて小さい、新しいが
ん治療法です。更に、がん免疫
を合理的に活性化させる効果も
発見されており、転移したがん
へも有効であるなど、今後のが
ん治療を大きく変える可能性が
ある治療法として注目されてい
ます。光免疫療法では、IR700
という水溶性のケイ素フタロシ
アニン化合物を結合させた抗体
(抗体-IR700複合体)をがん細
胞に結合させます。抗体-IR700
複合体を投与した後、近赤外光
を照射すると、IR700 の水溶性
の軸配位子が外されて薬剤が凝
集することで、薬剤が結合した
がん細胞のみを殺すことができ
ます。しかし、近赤外線がどの
ように薬剤に作用して水溶性軸
配位子の切断が起こるのか、ま
た、この反応のスイッチは近赤
外線でなくてはいけないのかは
未解明でした。今回、研究グル
ープは、量子化学計算というコ
ンピュータシミュレーションを
用いてIR700 を簡略化したモデ
ルでその光化学反応過程を明ら
かにしました。これまでの実験
から、反応の進行には近赤外線
のほかに電子を与えやすい物質
が必要なことが知られていまし
た。これを基に、具体的に4種
類の反応過程を考慮して、最も
有望な反応過程を提示しました。

その結果、IR700 の水溶性軸配
位子が切断される反応は、化学
的にはIR700 の周辺にある水分
子との反応(加水分解)により
起こることが示唆されました。
この事実は、水分子の中の酸素
原子に特別な目印をつけて実験
を行った所、この目印がついた
反応生成物が得られたことで証
明されました。

また、IR700 に近赤外線が照射
されるとIR700 は励起状態とい
う活性化された状態になります
が、この活性化された状態から
直接水溶性軸配位子が切断され
る反応が進行する訳ではないこ
とも分かりました。IR700 は励
起状態になった後、システイン
などの電子を与えやすい化学物
質から電子を受け取り、「ラジ
カルアニオン」という状態にな
ります。コンピュータシミュレ
ーションの結果から、IR700 の
ラジカルアニオン状態では、容
易に水分子と反応して軸配位子
が切断されることが示唆され、
また、溶媒の水素イオン濃度に
より軸配位子切断反応の速度が
変化することが予見されました。
そこで実際に実験を行ったとこ
ろ、これも証明されました。今
回の結果から、IR700 のラジカ
ルアニオン状態を作り出すこと
ができれば、近赤外線を用いな
くても抗体-IR700複合体を用い
たがん治療が可能であることが
示唆されました。

光免疫療法は、がん細胞を選択
的に殺傷できる画期的な治療法
ですが、がん細胞に結合させた
IR700 に近赤外線を照射するこ
とでがんの破壊が開始されるた
め、近赤外線が届きにくい生体
深部のがんに適用するためには、
光ファイバーを患部に埋め込む
といった侵襲的な処置が必要で
あり、適用できる部位も限定的
となっています。研究グループ
は、「今回発見されたメカニズ
ムから、ラジカルアニオン状態
を生成する別の化学的方法を用
いることで、近赤外線を届ける
ことなく光免疫療法を用いたが
ん治療が行える可能性が高く、
治療の適用範囲を飛躍的に拡大
することが期待される」と、述
べています。

光免疫療法について解説してい

る動画です。

 

 

 

 



 秘薬の開発が飛躍的に進む。


 












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 高血圧パラドックスは治療進歩に反し治療普及せず












 日本高血圧学会によると、高
血圧患者の数は推定4300万人に
上ります。一方、厚生労働省の
調査によると、治療を受けてい
る高血圧患者は2450万人にとど
まります。「高血圧の治療は進
歩し、効果の高い降圧薬もある
のに、治療が行き届いていない。
これが高血圧パラドックスです」
と大阪大学医学部付属病院(大
阪府吹田市)の老年・高血圧内
科の楽木宏実教授は話していま
す。高血圧の定義は、収縮期血
圧(最高血圧)140mmHg以上、
または拡張期血圧(最低血圧)
90mmHg以上とされます。高血
圧は治療を必要とする病気です。
放置すると動脈硬化が進行し、
脳卒中や心疾患を起こすリスク
が高まります。国内10件の疫学
研究から約7万人分のデータを
集めて解析した所、最高血圧が
140~159mmHgの人では、
正常血圧の人と比べて脳や心臓
の病気による死亡リスクが2~
3倍になることが分かっていま
す。

 「高血圧と診断されたら、運
動、減塩などの生活習慣の改善
はもちろんですが、必要に応じ
て降圧薬を服用し、適切な血圧
を保つ必要があります」と楽木
教授は強調しています。

 しかし、高血圧を指摘されて
も治療を受けない、受けていて
も血圧コントロールが十分でな
い人が多いのが現実です。その
理由としては、自分の血圧値を
日常的に把握していない、血圧
を下げる方が危険という誤った
情報を信じている―などが考え
られるということです。「『降
圧薬で血圧を下げると死亡率が
上がる』と話す人がいますが、
これは『因果の逆転』の可能性
を無視した誤った理解です」と
楽木教授は言っています。例え
ば、最高血圧が180mmHg以上
で、降圧薬を服用し140mmHg
にコントロールしている人と、
もともと140mmHgで未治療の
人を比較した場合、降圧薬を服
用している人のほうが死亡リス
クが高いということはあり得ま
す。「リスクを高めている要因
は、血圧を上昇させ、薬を飲む
に至ったもともとの病態にあり
ます。治療によりリスクが高ま
ったわけではありません。治療
前と比較すれば、治療によりリ
スクが低下していることは多く
の研究で明らかにされています」

 高血圧の治療で重要なのは、
自身の血圧を正確に把握するこ
とです。それには、自宅で測定
する「家庭血圧」が有用だとい
うことです。50代以上であれば、
高血圧でなくても定期的に測定
するとよいとされています。朝
と夜の2回測定し、少なくとも
5日以上の平均を取って目標を
下回っているかを確認します。
2019年に改訂された「高血圧治
療ガイドライン」によれば、75
歳未満の人の家庭血圧での降圧
目標は、原則として最高血圧1
25mmHg未満、最低血圧75mm
Hg未満です。

 楽木教授は「健康診断などで
血圧が高いと指摘された、ある
いは家庭での血圧で最高血圧が
135mmHg以上、もしくは最低
血圧が85mmHg以上となった場
合は、後々、脳卒中や心疾患に
なって後悔することのないよう
に早めに受診してください」と
話しています。

高血圧治療薬について解説して

いる動画です。良ければ続編の

動画も御覧下さい。

 

 

 

 



 公海上で公開したことを後悔
する。          笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
















編集後記



 北海道大学が5月26日、近赤
外線を用いた新規がん治療法で
ある光免疫療法で利用されるIR
700 という薬剤の光化学的反応
過程を解明したと発表したのは、
素晴らしい業績です。今回発見
されたメカニズムから、ラジカ
ルアニオン状態を生成する別の
化学的方法を用いることで、近
赤外線を届けることなく光免疫
療法を用いたがん治療が行える
可能性が高く、治療の適用範囲
を飛躍的に拡大することが可能
となることを期待したいと思い
ます。ただ腫瘍が急激に崩壊す
ることで起こる、腫瘍壊死症候
群という副作用があるのは事実
で、副作用がないという理想的
な治療法ではないということを
明記しておきます。
 高血圧の治療は進歩し、効果
の高い降圧薬もあるのに、治療
が行き届いていない。これが高
血圧パラドックスということで
すが、高血圧になっている原因
を考えて、脳に酸素や栄養分を
十分に届けるために、高血圧と
なっているのだから、降圧剤を
使って血圧を下げる方が認知症
などの疾患となり、宜しくない
と言われる先生がおられる様で
す。しかしながら、百歩譲って
認知症を発症するのは、数年後
です。高血圧のまま放置すると
数年をまたず、場合によっては、
数時間後に、脳卒中や心筋梗塞
を発症して、命の危険に晒され
ます。高血圧の治療を優先する
べきなのは、明らかです。

 法治国家で貧困のため放置さ
れた人々が難民となる。  笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。